静岡産業技術専門学校 情報技術部

静岡産業技術専門学校にある情報技術を深く勉強するための部活

2019-05-15 活動報告

はじめまして。2年のlamb1957と申します。
これから情報技術部でたくさん知識を増やして活用できるように頑張っていく所存です。
今回の記事では、5月15日に行われた活動の報告をしていきます。


テーマ

Ruby on Rails の環境構築

 

 <はじめに>
Railsの環境構築を行う前に、Redmineの登録を各自行いました。
Redmineはプロジェクトについての管理や進捗の共有などが出来るので、今後の活動においても利用していくことになると思います。楽しみですね。

 

<Virtual Boxの導入と動作確認>
まず、各自のパソコンにVirtual Boxのインストールを行いました。部活内で用意されたRails環境構築済みのovaファイルも一緒にダウンロードをしました。
その後、ovaファイルのインポートやVirtual Boxのネットワークの設定を行いました。

Virtual Boxの画像

▲Virtual Boxのウィンドウ。ovaファイルの取り込みも成功しました。

仮想マシンの立ち上げ後は、Ethernet設定情報の変更と更新を行いました。
Virtual Boxのネットワーク設定時に確認したIPアドレスEthernetで設定しました。
ここは特に皆苦戦している印象でした。確認したIPアドレスは個々で異なるので、理解するのが難しかったです。

pingでコマンドでネットワークの設定が反映できているか確認し、ブラウザ上ではRailsの動作確認をしました。

Railsの環境構築後の画像

IPアドレスを入力しアクセスすると、デフォルトのRailsページが表示されました。

ここでこの日の活動は終了となりました。

 

 

 以下、私個人の感想等です。

まだ環境構築のみではありますが、Ruby on Railsについて触れる経験ができ、とても勉強になりました。今現在、Rubyの勉強をしている身としてとてもタイムリーな内容であったので、より熱心に取り組めたとも思います。環境構築後の活動についても、これから楽しみです。拙い文章ではございましたが、ここまで読んでいただいて有難うございました。